クラブ記録 例会記録

第228回通常例会(2019/2/3)

投稿日:

節分の2月3日は快晴でとても暖かいなか新所沢公民館にて第228回所沢トーストマスターズクラブ通常例会を行いました。

会長のSTさんの開会挨拶、ゲストのIさんの紹介に続いて,本日はAさんの入会式が行われました。入会に至るまでのご自身のお話をされて,入会してこれからトーストで頑張ろうという熱意が伝わってきました。
本日のトーストマスターはベテランのSさんです。「福は内!!」のかけ声で節分の気分を盛り上げて和やかなうちに始まりました。今日の言葉は「たおやか」で,態度や性質がしとやかで上品なさまなどをいうそうです。

<審査委員ワークショップ>

この日は次回にクラブ内コンテストが予定されていることもあり,審査委員の審査に焦点をあてたワークショップを行いました。
ワークショップはベテランのMさんが担当され,模造紙に評価のポイントである「内容,話し方,言葉遣い」を板書しながら,それらの配点や具体的な項目について,例えば「内容」であれば,独自性,的を得ているかなどを説明し,合わせて実際に矢を描いて説明するなど印象深く理解しやすい内容でした。

引き続いて,1班4人に分かれてNさんのテストスピーチを聞き,各人の審査結果についてディスカッションと班ごとのグループ発表を行いました。スピーチは「閂(かんぬき)が外れるとき」という題で,野球について創作した原稿を出版社に直接持ち込んだときのエピソードで,そのような行動をしたときを振り返って,「あふれる思いがなければ心の閂は外れない」という言葉が印象的でした。グループ発表では,審査する人によって点数に幅があることがわかり,公正な審査の難しさが改めて分かり有意義なものでした。

<準備スピーチの部>

例会後半は準備スピーチを2題行いました。最初のスピーカーはベテランのOさんで,「バレンタインデーの謎に迫う」でした。ユーモアあふれるイントロで場を和ませたのち本題に入りました。バレンタインデーの歴史は、なんとローマ帝国の時代にさかのぼるとされています。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちのために内緒で結婚式を行っていましたが、怒った皇帝は結婚式の禁止をウァレンティヌスに命令しました。しかし、ウァレンティヌスは皇帝の命令に屈しなかったため、最後には2月14に処刑されました。その後この日は、恋人たちの日となったという説でした。また,バレンタインデーが日本で盛んになっていく歴史やホワイトデー(例えば,イタリアでは男性から女性に愛を表現する日)についても紹介され新鮮な情報もあり楽しいものでした。

続くスピーカーは,Uさんで,「新しい時代の宇宙からの見方」でした。冒頭で、バシャールの概要を話され,平行する世界が存在するとのこと。過去の経験から未来を考えて行動している、世界が変わるとの思いをしたなど,崇高な気持ちにさせるお話でした。

<テーブルトピックスの部>

テーブルトピックスは,トーストマスターSさんがテーブルトピックスマスターをされて,節分,受験,雪,この季節に食べてみたい暖まるものいう題が出され,この季節には暖かい信州そばがおすすめなど即題にもうまく対応された楽しいスピーチでした。

<論評の部>

論評の部は,前会長のSAさんが担当されました。最初の準備スピーチの論評はKさんで,とても生き生きとコメントされ,バレンタインデーの由来に触れた点など良かった点と今後の改善点を適切にコメントされていました。続く論評は会長のSTさんで,暖かみがあり今後の励みとなるものでした。総合論評ではワークショップでの手書きが暖かみのあるもので,また全体的に説明の流れが良かったとSAさんがコメントされていました。論評に対する論評では,声が大きく聞いていて楽しくなるもので,大事な部分を繰り返してより印象深くするなどの工夫がされているとコメントされていました。

<表彰>

本日の最優秀スピーチ賞はUさん!
本日の最優秀テーブルトピックス賞はAさん!
本日の最優秀論評賞はKさん!
おめでとうございます!

楽しみながら実際にやってみて学べる場トーストマスターズ
いつでもゲストでの参加を歓迎します!

一緒に学びませんか?

スピーチ・話し方が上手くなりたい、社内でプレゼンを任された、就職面接対策をしたい、何か新しい習い事をしたい、そんな要望に応えるのが所沢トーストマスターズクラブです!!!

見学、ゲスト参加大歓迎です!

興味のある方は、以下のボタンから是非申込みをお願いします!

-クラブ記録, 例会記録

Copyright© 所沢トーストマスターズクラブ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.