第183回通常例会(2017/03/19)

例会記録です。

本日は出席者13名、ゲスト3名合計16名、連休2日目にもかかわらず活気ある例会となりました。

今日の言葉は初めてのチャレンジM上さんからです。

選ばれた言葉は、「惜別」でした。

卒業シーズンにふさわしく、ちょっぴりセンチな気持ちになる言葉を選んでいただきました。

各役割の説明後、例会は以下の構成で行われました。

 

入会式(N川さん)

準備スピーチの部(3本)

テーブルトピックス

論評

 

まずは、入会式です。

しっかりとした言葉で入会にあたっての所感を話されたN川さん。

若いエネルギーでクラブをさらに盛り上げてくれると感じさせてくれました、期待していますっ!

 

続いて準備スピーチの部。

1人目のスピーチはS木さん。

スピーチタイトルは「深沢の化け狐」

(上級マニュアル#1民話)

ボーカルバラエティを巧みに使いながら、狐に化かされた和尚さん、油揚げを手土産に持って行ったら逆に化かされなかった学校の先生、茶屋を開いたら繁盛し幸せになった夫婦等の登場人物を全身全霊で語られていました!

怖さや滑稽さがとても伝わってきて、最初から最後まで話に引き込まれました。

 

2人目のスピーチはS々木さん

スピーチタイトルは「5分+54年」

(基本マニュアル#6ボディランゲージ)

「亜麻色の髪の乙女」や、ゲーム「ドラゴンクエスト」を作曲した、すぎやまこういち氏のお話。

出来上がるまでに5分かからなかったが、作ったのが54歳の時なので、「5分+54年」つまり、54年間の人生が無ければ、あの曲は出来なかったとのこと。

S木さんの流れるようなスピーチに、すぎやま氏への尊敬の想いがとっても伝わってきました。また、ふんだんにボディランゲージを使われていました。

 

3人目のスピーチはT邊さん。

スピーチタイトルは「バナーマーチ」

CC#2「スピーチの構成」

バナーマーチを知らない?かなり、かなり、ヤバイです!と、聴衆の笑いを取った後に、BGMを流しバナーを持って行進を自ら実演いただきました。

趣向を凝らせば、ウェーブやラインダンス等で一体感が出て、他クラブともコミュニケーションが取れるかも⁈

バナーマーチを知らない入会したばかりのクラブメンバーにも、5月の国際スピーチコンテスト全国大会に行ってみようという気を起こさせるタイムリーなスピーチでした。レッツ・バナーマーチ!

 

続いてはテーブルトピックスの部です。

最近、世阿弥の「風姿花伝」を読まれ、スピーチやプレゼンの向上を目指している人の境遇にきっと当てはまりますよ、とお話をされたH野さん、「皆さんに拒否権は有りません」と聴衆の笑いをドッと取ってから、「春」をテーマに進められました。

 

テーブルトピックスの部のあとは、論評の部です。

総合論評初のM本さんに進めていただきました。

各論評者には、スピーカーに自信を与え、またスピーチをやってみよう!という気を起こさせる論評をいただきました。

また、T岡さんにはテーブルトピックスに対する論評をいただきました。まさに達人の域ですね!

IMG_5815

論評の部の後は、お待ちかねの表彰の部。

最優秀テーブルトピックスは、ゲストのN台さん

最優秀論評賞は、M屋さん

最優秀スピーチ賞は、S木さん

でした!!

 

おめでとうございます!

 

スピーチ・話し方が上手くなりたい、社内でプレゼンを任された、就職面接対策をしたい、何か新しい習い事をしたい、そんな要望に応えるのが社会人サークル所沢トーストマスターズクラブです!!!
ぜひこの楽しいスピーチクラブを見学に来てください。きっと、あなたの人生にスピーチをする自信と喜びを与えてくれるはずです。

申し込みはこちら

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です