クラブ記録 例会記録

第288回通常例会(2021/08/01)

投稿日:

8月1日(日)14時から第288回例会が所沢市中央公民館とオンラインのハイブリッドで開催された。

今日の司会はMさんです。恒例の挨拶だが、今期エリアディレクターでもあるMさんが役員研修会で話す予定である冒頭挨拶を披露してくれた。びっちりと書かれた原稿を、淀みなく読み上げるMさんに士気の高さを感じた。今回のアジェンダは何とMさんが手書きで準備してくださり、温かみのあるプログラムとなった。

・「今日の言葉」はAさんです。江戸庶民の言葉として「おかしかれ」という言葉をNHKの大河ドラマ「青天を衝け」から取り上げてくれた。面白いとおかしいが合体した意味だそうだ。とても使いやすく、多くの会員がスピーチに取り入れ、今日の言葉にぴったりの紹介だった。

準備スピーチ部門です。

1人目はOさんです。「大と小」本人のご希望により、内容の詳細を記すことができないが、夫との関係を声や体をめいいっぱいに使いながらユニークに表現してくれた。いつもながら、Oさんの世界に引き込まれた。

2人目はKさんです。「休みの楽しみ方」。料理を楽しみとし、物品購入から材料準備、作る、食べることまで余すことなく、その楽しさが伝わってきた。実際に作ったモンブランとかき揚げ丼の写真が披露され、どんな料理をしているのかが一目瞭然であり、よかった。

3人目はIさんです。「フロスの勧め」。日本人は息が臭い人が多いなど西洋人と比較した衝撃的なデータの暴露から始まり、自分が歯の大切さにどのように気づき、どんな手入れをしているのかを話してくれた。最後には、フロスの使い方すら指導しない厚生労働省や文部科学省の不作為を問題点として指摘していた。

4人目はOさんです。「フェイクニュースに気を付けよう」緊急事態宣言後のトイレットペーパーの品薄騒動を最初に取り上げ、フェイクニュースを見分ける方法を取り上げてくれた。時間が足りなくなり、最後の方は駆け足になったのが残念であったが、情報源を調べることの重要性を語っていた。

テーブルトピックスマスターはAさんです。オリンピックを題材にして、五輪マークや五色の起源、オリンピックを契機にピクトグラムが導入されたこと、最年長でメダル獲得された72歳の射撃選手などご自身の興味から派生したトピックを出題された。

  • 「どこに旅行に行きたいか?」 Sさんは実家のある神戸。会員の皆さんにも同様の質問を投げかけ、場を盛り上げていた。
  • 「好きな国旗から国を語る」Aさんはやっぱり、分かりやすい国旗である日本。その他にアメリカや中国の国旗も挙げ、最後に中国の国旗からオリンピックでの卓球選手の活躍ぶりに触れていた。
  • 「よく使う絵文字」ゲストのIさんは汎用性が高い絵文字として涙やお願いの絵文字をよく使用することを身振り手振りで熱く語っていた。
  • 「夢」ゲストのHさんは夢がないと最初に言いながらも最後には奥様の許可が出たら北海道に移住したいとのこと。

論評の部です。

Oさんのスピーチに対してYさんは、Iさんの身振り手振りや声の大小といったデリバリー力の高さを褒め契り、大と小の比較が面白い、まるでとトムとジェリーのようだと表現した。Iさんの状況説明や感情表現の豊かさをよい点として指摘する一方、夫が日本人なのか否かが分からず、感情移入しづらかった点を改善点に挙げた。5分7秒にも及ぶ長時間の熱い論評になった。

Kさんのスピーチに対してベテランのMさんは、身近なところに楽しみを見つけようというメッセージがよいと全般的な感想を述べ、よかった点として、料理という誰にでも親しむ話題を取り上げた視点のよさ、料理に関するメリットも述べたことを挙げた。改善点として料理を楽しんでいる写真があったらもっと臨場感があったと述べた。

Iさんのスピーチに対してIさんは、虫歯という身近なことを取り上げた着眼点の良さ、データに基づき説得力があること、神経が溶けて激痛が走る表現など自分も同様な経験があるため共感できたとよい点と改善点をサクサクと話されていた。

Oさんのスピーチに対してKさんは、情報をとる能力の高さを褒め、先を読む力があることをOさんがあげた記事に対して自分の解釈との違いを比較しながら語っていた。また、Oさんが時々拳を振り上げる動作をOさんならではのナイスのデリバリーとして挙げていた。

総合論評はKさんです。会場の設定や飾りつけ、司会や冒頭挨拶も含めて余すところなく感想を述べてくれた。Kさんは「~でね。そうですね。」と語り掛ける口調が特徴的であり、人懐っこい笑顔でひとりひとりの目を見ながら、一言ずつ心の響く感想を述べてくれた。

受賞者発表ではベスト論評賞はIさん、ベストテーブルトピックス賞はゲストのIさん、ベストスピーカー賞はゲストのOさんでした。おめでとうございます!

最後にSさんが受賞者にインタビューをしてくれた。ベスト論評賞のIさんに対して、どうやって論点を見つけるのか、ベストテーブルトピックス賞はゲストのIさんに対しては、よく使うハッピーな絵文字について、ベストスピーカー賞はゲストのOさんに対しては、夫と仲良くする方法について楽しそうに質問してくれた。

白熱した戦いが繰り広げられるオリンピックも始まり早1週間、炎天下の真夏日の例会であったが、ゲストも3名、会員も出席率もよく(約80%)、おかしかれの例会となった。

一緒に学びませんか?

スピーチ・話し方が上手くなりたい、社内でプレゼンを任された、就職面接対策をしたい、何か新しい習い事をしたい、そんな要望に応えるのが所沢トーストマスターズクラブです!!!

見学、ゲスト参加大歓迎です!

興味のある方は、以下のボタンから是非申込みをお願いします!

-クラブ記録, 例会記録

Copyright© 所沢トーストマスターズクラブ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.